手足の痙縮に対するボトックス治療|【若江岩田駅すぐの整形外科】たかやまクリニック

〒578-0941大阪府東大阪市岩田町3丁目11-1 いこまやビル1F
072-961-8878
Instagram
ヘッダー画像

手足の痙縮に対するボトックス治療

手足の痙縮に対するボトックス治療|【若江岩田駅すぐの整形外科】たかやまクリニック

手足の痙縮に対するボトックス治療

手の痙縮

当院では上下肢の痙縮に対するボトックス注射も行っています。

脳血管疾患(脳梗塞)の後遺症としてみられる運動障害のひとつに痙縮(けいしゅく)という症状があります。痙縮とは、筋肉がつっぱり、手足が動かしにくくなる状態のことです。このような状態になると、手の指が握ったままで開きづらかったり、肘が曲がり伸びづらい、足の先が足の裏側の方へ曲がってしまうなどの症状により、日常生活に支障をきたしてしまいます。また、痙縮そのものがリハビリテーションの障害となることもあるので、痙縮に対する治療が必要になります。その時にボトックス注射を行います。

ボトックス注射を行ったあとはリハビリテーションも大切です。

ボトックス注射の効果持続は約3ヶ月ですが、直後からリハビリテーションを行うことで運動能力の改善が見られやすくなります。

治療に関して、興味がある方は、まずは外来受診していただき、ボトックス注射の適応があるのかどうか、判断させていただきます。お気軽にご相談ください。

ボトックス

料金(保険診療)

  • 1割負担・・・約6,165円(1ヶ月換算約2,055円)
  • 2割負担・・・約12,330円(1ヶ月換算約4,110円)
  • 3割負担・・・約18,495円(1ヶ月換算約6,159円)

料金は部位によって異なりますので、詳細は医師に確認してください。